株式会社 K GRITとは

社長就任の挨拶に代えて

伝統の重みと
未来への思いを新社名に。

代表 井藤 元希当社は、内装・建築の監督業を主戦場にしています。それは、オーナーさんや設計士の方と実際に施工を担当してくれる職人さんの間に入る、極めて人間力が問われる仕事です。オーナーさんや設計士の方からの難しい課題に対し、職人さんが前向きに仕事を進めてくれるように、時には厳しく、時には優しく接しながら、要望を通していくことを繰り返してきました。そんなひとつひとつの仕事には、「何があっても現場をやり抜いて完成させるんだ!」という現場監督たちの強い意志と、それをバックアップしてきた本社スタッフの力が常にあった。そんな先輩方がずっと大切にし、私たちに手渡してくれた「やり抜く力=GRIT」を、私たちは新たな社名に選び、次の世代にも受け継いでいくための新たな一歩を踏み出そうとしています。カナガワファニチュアの「K」を冠したのももちろん、これまでの歴史や伝統への敬意の気持ちの現れ。この伝統に何を積み重ねていけるか、私たちのこれからが問われています。

目指すのは厳しくても楽しい職場。

社長に就任するにあたって、社員から「どんな会社にしていきたいか?」と質問されたとき、私は「楽しい会社!」と答えました。それはただ、会社に来ることが楽しい。会社の仲間と話すことが楽しい。といった雰囲気の面でもあるのですが、社員ひとりひとりが、自分たちの可能性を広げながら仕事を楽しんでいる姿を、もっともっと見ていきたい。そんな思いを表現したんです。そのために推し進めているのが、さらなる多角化と教育環境の充実。現状の仕事で伸びしろのある社員が、新規事業の仕事にチャレンジすることで、さらにやり甲斐を感じてくれたり、成長していく自分に歓びを感じてくれたり、そんな変化がどんどん生まれればいいと考えているからです。社員のひとりひとりが、生き生きと働けるフィールドを、ひとりひとりの可能性を、会社として広げていければと思っています。

価値観に違いはあっても
優劣はない。

構造的な変革を会社主導で進める一方で、いま、社員の皆さんにお願いしていることがあります。それは、「お互いの価値観を認め合おう」ということ。これは、エニグラムという性格診断のワークを社員と一緒に行った時に学んだのですが、ひとりひとりが持つ価値観に、違いはあっても優劣はないということ。自分にとってどんな価値観が大切かをきちんと理解していれば、別の人の価値観を尊重し、認め合うことができる。そのことを理解し、普段の仕事の中で実践してもらうようにお願いしています。例えば、ある出来事が起きて、先輩が後輩に指導する場合、価値観まで押し付けてしまうと後輩はうまく育ちません。個性というのは人それぞれですし、とても大切だと思うんです。だから先輩には、後輩の性格を自分好みに強制することはしないで、知識や技術を教えて欲しいと思っています。会社としての価値観は共有しつつも、ひとりひとりが自分の個性や資質を活かしながら働いていく。そんな理想に向って、今いる仲間と、そして新たに加わる仲間と一緒に、前に進めればと思っているんです。

新社名に込めた想い

経営理念3つの約束

義理人情を大切にし、
仲間、
関係会社、お客さんの
輪を広げていこう。

大正10年の創業以来、私たちの会社は人と人との間にある目に見えないつながりのようなものを、とても大切にしてきました。「お客さんの期待に応えたい」「共に働く人々との係わりを大事にしたい」「自分が持っている技術を、次の世代に伝えていきたい」そうしたひとつひとつの思いがつながり、連なり、輪になって広がってきた。それが、私たちの会社の歴史です。この伝統を受け継ぎ、新しい世代の仲間へと手渡していく。古く聞こえるかもしれない「義理人情」という言葉で始まる1つ目の約束には、私たちのそうした思いが込められています。そしていま、成長の輪は、さらなる多角化へ、そして海外へ。広がり続ける可能性の中心にあるのは、義理を欠かない、情の厚い人々であることに変わりはありません。

技術と人格の向上を目指して、
学び続けられる環境を提供しよう。

2つ目の約束は、会社の中心に位置する“人”の成長に関するもの。プロとして必要な知識、技術、センスを磨くだけでなく、ひとりひとりの人格の育成に欠かせない学びの習慣を、会社全体で整えていこうというものです。忙しい毎日の中で、独りで学び続けることは容易いことではありません。だからこそ、会社の仕組みとして、学べる環境を提供していきたい。20代や30代はもちろん、40代、50代、そして60代の仲間も、それぞれの立場で学び続けることが当たり前になっている。そんな理想に向かって、できることからひとつずつ実現していきます。

仲間とその家族が
「働いてよかったな」と
思える会社を目指そう。

3つ目の約束は、働くことの“歓び”に関するもの。この会社に集まった社員、パート、アルバイトスタッフなど、すべての仲間が、それぞれに違う価値観を認め合い、それぞれに違う資質を存分に発揮し、ステップアップできる。毎日忙しく働きながらも、自分の時間を、家族との時間を、大切にできる適正な休息が確保されている。そうした会社の構造を、より確かなものへと高めていきます。ふとした瞬間に実感する、心から仕事を楽しんでいる自分。その姿は、家族さえもきっと幸せにしてしまうはず。会社とは、そんな幸せを創る場所でもあると私たちは考えています。

会社概要

商号
株式会社 ケイグリット
資本金
3,000万円
本社所在地
〒273-0003
千葉県船橋市宮本9丁目11番1号
TEL.047-432-4321 FAX.047-437-4320
役員
代表取締役会長 井藤憲次
代表取締役社長 井藤元希
業務内容
  • 建設業
  • 不動産業:142世帯入居の賃貸/マンションの経営/管理
  • ホテル業:ホテルの経営/管理
創業
  • 1921年(大正10年)
    東京都台東区雷門で桐ダンスの製造販売を開始
  • 1984年(昭和59年)2月15日
    千葉県船橋市に「株式会社家具のカナガワ」設立
  • 1992年(平成4年)
    「株式会社カナガワファニチュア」に社名変更
  • 2017年(平成29年)
    株式会社 K GRITに社名変更

続きを見る 

会社沿革

2021年、わたしたちケイグリットは
創業100年を迎えます。
これまで同様にお客様から
信頼いただけるサービスをご提供しながら、
新しい分野にも挑戦していきたいと思います。

続きを見る